まんまるポテト 1日目

こんにちは。

出荷マスターです。

br_c_3474_1.gif


  • まんまるポテト

今回植えるのはまんまるポテトのタネポテトの種です。

当ブログにとって初めての出荷。

一番の想い出になるであろう作物です。

このタネを最初に選んだのには深い理由があります。

住宅村にあるタネ屋さんの一番上に表示されるからです。

このまんまるポテトの栽培こそ、当ブログの出荷つ点出発点になるのです。

それでは、出荷までの流れを説明します。

  1. タネを植える
  2. 水をやる
  3. 肥料をつかう
  4. 話しかける
  5. 収穫
  6. 名前をつける
  7. 出荷

良い作物を育て上げるポイントは赤字の部分です。

これが素人出荷出荷マスターとの違いです。


  1. タネを植える

image

まずは畑にタネを植える作業です。

まんまるポテトのタネ」を植えます。

しかし、腑に落ちないことがありました。

ポテトはタネではなく、種いもを植えるのが正解ではないのか?

タネを植えて、芽がでなかったら・・・。

種いもを売っているのではないか・・・?

モヤモヤした気持ちを抱えたままタネを植えることはできません。

私は種いもを求めて、各地の住宅村を巡りました。

しかし、「まんまるポテトの種いも」は見つかりません。

種いもが見つからないという状況下で私の精神はボロボロになっていました。

最後の望みであるジュレット住宅村のタネ屋に怒りをぶちまけてしまったのです。

出荷主

「種いもは売っていますか!?」

タネ屋

「そんなもの置いてないよ。」

出荷主

「なぜないんです!?」

「私にはまんまるポテトを出荷するという使命があるんですよ!!」

タネ屋

「はぁ・・・。」

出荷主

「私はどうすればいいんですか!!?」

タネ屋

「これを植えれば、まんまるポテトができますよ。」

出荷にかける熱い気持ちをぶちまけることで、タネ屋さんから「まんまるポテトのタネ」を購入することができました。

私は急いで畑に戻り、「まんまるポテトのタネ」を蒔く作業にうつります。

image

種いもを1片が30~50g程度になるように、頂部(芽が集まっているところ)から縦にカットします。大きいものは3つ切りでもOK!
植付けの2~4日前にカットし、切り口をコルク化させてから使用すると、植付後の腐敗を防ぐことができます。

事前に調べていた種いもの植え方は必要ありませんでした。

タネを植えますか? → 決定ボタン

どのタネを植えますか? →まんまるポテト

これだけの作業でタネを植えることができました。


  • 水やり

水やりも素人出荷出荷マスターとでは大きな差があります。

植えたら水はあげないで下さい。水分が多いと種いもが腐ってしまいます。

素人は植えてすぐに、水やりをします。

しかし、水分が多いと種いもは腐ってしまうんです。

ですから、植えて数日は水をやってはいけません。

追記 すぐに水をやってもいいそうです。


  • 肥料をつかう

肥料も素人出荷出荷マスターとでは大きな差があります。

イモは酸性土壌を好む性質があります。

アルカリ性土壌では「そうか病」という肌が汚くなる病気になってしまいます。

素人出荷の方は、鶏のふんを使ってしまうことが多いはずです。

しかし、鶏舎の消毒に石灰が含まれるので鶏のふんはアルカリ性なのです。

だったら、うしの糞がいいのか?

いいえ。そうとは限りません。

うしの糞は土壌改良を目的に使用します。肥料分はほとんどありません。

出荷マスターがオススメする肥料は化成肥料です。

燐酸、カリが多めの肥料がベストだと思います。

追記 うし・うまのふんでいいそうです。


2日目に続く


ランキングサイトに登録しています。

br_c_3474_1.gif

応援してくださる方は上のバナーをクリックお願いします。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中